エリアベネッセ 池下覚王山店 5/2オープン☆

池下駅から割とすぐのビルに、「エリアベネッセ」がオープンしました!
早速行ってみましたよ☆

「エリアベネッセ」とは

 エリアベネッセは、地域の学びの相談窓口。
 勉強のこと、将来のこと、歳を重ねても自分らしく生きるために必要なことをいつでも無料で相談できる場所。
 教育のプロフェッショナルである、「学びプランナー」などが、より良く生きるサポートをしてくれます。

という、ところだそうです。

area benesse kakuozan
店内はこんな感じ。
テーブルは4つくらいとそんなに広くはなく、壁に教材が並べられています。

area benesse
奥には相談カウンターがあり、教育情報やイベント情報について色々壁に貼ってあります。
スタッフは優しそうなお姉さんがいらっしゃいます。
area benesse
1歳~高3までのこどもちゃれんじや進研ゼミ、英語教材の教材の一部が、2、3種類ずつくらい閲覧できます。
(どれもほんの一部しか置いていない)

area benesse
小学生用のタブレットも、体験版を触れるようです。
area benesse area benesse
5/6までオープン記念で、幼児はしまじろうカーを作らせてもらえます。
糊やはさみの要らない特殊な紙。

他にもいくつかオープン記念イベントがあるみたいです。
今後のイベント予約を勧められますが、もう既にほぼ席が埋まりつつあるとのこと。

今,公開されている予定イベントは、
・英語教室体験レッスン
・しまじろうの映画上映
・キッズヨガ
・親カフェ
・工作レッスン
・考える力の育み方
・漢字、計算道場
・かけっこセミナー
・4月号活用法
・中高生向け 定期テスト前 学習教室
・「変わる高校入試」説明会
・ノートの取り方
・現役大学生と語る大学入試と進路選択
などなど。(正確なイベント名、イベント情報はhttp://area-benesse.jp/detail/ikeshitakakuozan/)

いろんな年代に向けて開催されるようです。
他のエリアベネッセでも、人気のイベントは即予約定員に達するようです。

エリアベネッセ 池下覚王山

http://area-benesse.jp/detail/ikeshitakakuozan/
・住所: 愛知県名古屋市千種区覚王山通 8丁目24番地 覚王山グランド井筒1F (池下駅から徒歩2分)
・営業時間: 平日 11:00~19:00、土日祝 10:00~18:00 (火曜日、第2水曜日は定休日)
・入場料:無料
・駐車場:なし
・トイレ:洋室1 (多目的×、ベビーキープ×)
     おむつ替え台、幼児用しまじろう便座はありました
・授乳室:なし
areabenesseikeshita15.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
↑クリック応援お願いします☆


area benesse kakuozan
池下駅の2番出口を出ると、左手に見えます。

(追記)
日本の教育業界の一番手、ベネッセさん。
特に幼児期の世代にはすっごく支持されていますよね。
しまじろうの幼児への影響力は、確かにすごい。
個人情報の事件もあって会員の獲得に悩む中、新たなサービスとして始まったのがこのエリアベネッセ事業です。
(私は、個人情報事件は泥棒に入られたかわいそうなベネッセと思ってます。もちろん、管理体制に不備はあったのですが、そんなの他の会社はもっと甘くて取られ放題なのを見ています。名簿は売られまくってるのが現状なので、皆それを知った上で生きるべきだと思ってます)

ただ、行ってみての正直な感想は、
「??。 結局何をするところなの? 」
確かに、イベントは今後もいろいろ企画されていきそうですが、それ以外で訪問する用途について全くオープニングイベントではふれられなかった。

おそらく、勉強法などについて悩む小中高生が相談・自習しに来てくれたらいいな、さらに進研ゼミに入会してくれたら万々歳なのだろうが、そのアピールが乏しい。きっとこれから周辺の学校には宣伝するのだろうが。
まぁ、エリアベネッセ事業全体的に試行錯誤感が感じられるので、徐々に戦略を固めていくのだろうか?
ただ、子どもたちが相談しにいくにも、イベント会場としても、池下駅前のビル1室という冴えない立地も謎だし、旗艦店の表参道店はまだ入りやすいオープンな雰囲気だけど、こちらはどうも入りにくい。。
どうせなら、学校の真横に開店するとか、もう少し街中で展示店っぽくするとかすればいいのに。
教材がちょろっと飾ってあるといっても、ベネッセどうしよっかな~ってわざわざ入会希望者がエリアベネッセまで行く価値はある?? よくある、あまり客がいない企業ブランドのプロモーションストアに終わりかねない。

イベントも、なんかボランティア事業みたいになっているけど、赤ペン先生とか、しまじろうDVDとか、もっと強みを活かしていけばいいのに。
例えば地域の赤ペン先生招いて勉強会開くとか、個人塾のもっとラフな感じの相談会開くとか、しまじろうのコンテンツ使って体操教室開くとか。。
ベネッセも「塾より安い」がそれなりに売りならば、塾にいけない子たちの個別学習をもっとサポートしていけばいい。
むしろ、アプリなどでリクルートなどが台頭してきているものの、しまじろうの総合力はすごいし、進研模試の情報力は一番あるはず。地域の先生たちの教育方法のレベルを底上げできる基地となった方がいいんじゃないかなぁ?
「改善」に乏しい日本の教育業界を変えていくためにも、ベネッセさんには率先してもっと教育改革をしていってほしいんだけどな~~
まぁ、そんな教育業のぬるま湯にどっぷり浸かって、なかなか新しく効果的な発想をできる人も少ないのかなぁ。。
今後に期待。


follow us in feedly

関連記事

Comment





Comment