中国人が日本製をいいと思うささやかなポイント The little differences between Chinese chocolate and the Japanese chocolate

中国人が爆買いの日本のお菓子、中国版よりおいしいの?

人気商品を中国人がブラインドテスト!

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20150225/277983/?rt=nocnt
この記事が面白い。
先日の私の記事でも少しとりあげましたが、
中国人が買っていくお土産TOP3に入りそうな「日本メーカーのチョコ」。
中国でも買えるのにと思うブランドもありました。
でも、細かなところから大きな違いまで、比べてみると中国で売っているものと日本で売っているものと違うようです・・

The article above is interesting.
I also wrote that many Chinese buy “Japanese maker’s ?chocolate”, but this article resolved a question about “What’s the difference between the Japanese chocolate and Chinese chocolate? Why do they buy chocolates?for souvenirs, even though it’s sold in China, too?”
There seem there’s little to big differences between “made in Japan” AND “made in China.”

お菓子の形が不揃い、焦げてる、化学調味料の味っぽい、ただただ甘い、包装の雑さ、包装が開けにくい、食べきりサイズじゃない、
などなど・・
日本人ならけっこうわかりますが、中国の方でも敏感に違いを感じている人は見分けているんですね~
中国では、壊れていたり、衛星的によくなかったり、人にやさしくなかったりする商品がいっぱいあるから、
「包装が開けやすい」「食べきりサイズで配慮されている」
中国にもそんなささやかなところに感動する人もいるんですね
I noticed that some of Chinese people also recognize those differences Japanese are sensitive about;
the “made in China” products are having sccraggly appearances, some burned too much,? so much MSG flavors, too sweet, sloppy packings, not considered to eat?in one time..  
Maybe some of Chinese people are impressed of “made in Japan” because there are more people-friendly products than in China.
I suppose people-friendly products will increase in China from now on, and hope I can eat and bring back Chinese products at ease in the future!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

follow us in feedly
2015-03-09 | Posted in 日本の文化などNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment