外国人を案内するのは通訳案内士でなければならない!  Be Careful of the Unlicensed Guides!

日本では、報酬を受けて外国人を案内するには「通訳案内士」という資格が必要です。
友達を連れてまわるだけなら大丈夫なのですが、例えば駅からホテルへ外国人の方を送迎するだけでも、報酬を貰うなら資格を持っていないと違反になってしまいます>_< cf.「報酬を受けて、外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する業を営もうとする者は観光庁長官の行う通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受けなければなりません(通訳案内士法第2条、第3条、第18条及び第36条)」
無免許で報酬を得て通訳案内を仕事として行うと、50万円以下の罰金が科されます(通訳案内士法第40条)

In Japan, tour guide for foreigners have to be licensed by Japan National Tourism Organization.
Unlicensed guide has to pay a fine for violation.

でも、多くの人は勝手に案内しているし、中国やアジアからの安いツアーでは無資格闇ガイドが横行しているのが現状。。
すっごいテキトーに日本のことを紹介されているのかもしれません。
(別に資格を取得しただけでは、日本のことを十分に紹介できませんが・・)
Although there are such rules, there are many problems with unlicensed guide, especially with many of the unlicensed who are guiding cheep tour from China or Asian countries.
Incorrect or misleading information might be offered.
訪日外国人が増えて通訳案内士の需要は上昇。
(質の高い通訳案内士の需要)
テレビでも毎日のように国際交流ネタが盛り上がる中、東京オリンピックに向けて資格取得を目指す人が増えています。
昔は、英検1級レベルで合格率5%、
「『血液製剤』を英語に訳しなさい」
「単身赴任の説明とその社会的背景を英語で説明しなさい」(10行)
といったレベルのマニアックな日本語や和文の英訳などがバンバンあったのですが、
近年はものすごく易しくなり、2014年度試験(英語)の合格率は26.6%!
受かりやすくなっています。
しかも、2014年度から英語はTOEIC840点以上で英語試験が免除されるので受かる人続出なのです。
通訳案内士は国家資格です。
しかし、プロの仕事として成立させるには試験に受かってからかなりの努力や勉強が必要です。
実際にはほとんどの人は通訳案内では食っていけないので、語学力の証明として受ける人が大半。
さて、皆さんもちょいと語学力の腕試しに受けてみてはいかがですか!?
cf. 日本政府観光局
http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/index.html

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

follow us in feedly
2015-02-04 | Posted in 日本の文化などNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment