年末の買い出しにも!柳橋中央市場で買うときの5つのポイント☆

いよいよ年末がせまってきました!
おせちの準備も始めなきゃ!ですね。

おせちを作る家庭は減ってきているみたいですが、おせちは和食を代表するお料理、
一品でも手作りするとグッと気分が上がりますよ
今年は買い出しから、勢いよく繰り出してみてはいかがでしょうか??

yanagibashi ichiba (2) yanagibashi ichiba (1)

cf.おせちを自分で作る子育てママは2割らしい(ハピママ)
20代でも和食を食べる機会を増やしたい人は半数以上!「おせちと和食に関する意識調査」(©TAKARA SHUZO CO.,LTD.)
_prw_OI7im_71CecIwV

 

柳橋中央市場でおせち食材を買いにいくときの5つのポイント☆

  • 狙うべき時間帯は?
     そもそも、市場が開いているのが朝4:00~10:00頃 (年末は12:00頃まで)。
     ただし、早朝は業者の方々の売り買いで忙しいので、一般客は8:30頃~10時頃に行くべき。
     10時を過ぎてくると、店が閉まってしまったり、いろいろな品が品切れになってしまう。

     今年の年末大売出しは、12月27日~31日!
     →マルナカ食品センター 歳末恒例大売出しチラシ
     特に30日は激混みに!!
     27日頃にいって日持ちするものを買うか、31日にお買い得商品を狙いにいくのがいいかも。
     ちなみに、クリスマスは市場は割と暇なので、ゆっくり市場を楽しみたいならクリスマスに!
     数の子や穴子など、安く大量に仕入れることができる。

     あと、車でいくなら早めが吉。
     なにしろ、市場併設の駐車場は女性だと平日3時間500円という名駅周辺最安値!!
     駐車場難民にならないように、早めに出発を。

  • 買いたいものがありそうな店の目星をつけてまわってみよう
     この柳橋中央市場はそこまで広大な面積にはわたらないものの、激混みの中、何周もまわるのは至難の技。
     しかも、戻ってきたころには売り切れていたり。。
     
     ローストビーフなら肉の三河屋、卵焼きなら右大臣、まぐろなら大伸など、穴子なら淡水田口、貝なら魚半、高級のりなら山安のり、フォアグラなどならタイチ、などなど・・
     それぞれ得意な店があるので、場内地図を頭に入れてまわれるといい。
      
    こちらはマルナカ食品センター 場内地図

    こちらは名古屋総合市場ビル 場内地図

     ちなみに、年末大売出しのころには、普段扱っていない店でもカニやエビやを扱っています。

  •  

  • 市場の魅力は話せること
     市場でお買いものをする魅力といえば、何といっても、お店の人と話せること!
     オススメ・旬のもの・お値打ちのものをどんどん聞いてみよう。
     「煮魚にしたい」「揚物にしたい」などのこちらの希望からも、オススメのものを紹介してくれる。

     この活気あふれるやりとりを味わえるのが、市場で買う醍醐味でもある。
     また、何回も通って仲良くなれば、秘蔵品を出してくれたり、少しまけてくれるかも?!

  • 市場流 値段の見方は?
     歳末大売出しのときには、あらかた値段が書いてあるかとは思うけど、
     通常、市場の鮮魚には値段が書いていないことも多い。

     いや、実は書いてある。

     その魚が入っている発泡スチロールの側面を見ると、なにやら数字が書いてある。

    yanagibashi ichiba

    例えば、手前の左から2番目の発泡スチロールの魚、
    「1〇」と書いてあるのは、1kgあたり1000円ということらしい。
    「3〇」なら、1㎏あたり3000円

    「4.0」と小数点で書いてあるのが、その箱全体の重さ。

    だから、「1〇 4.0」と書いてある箱なら
    4分の一くらいの分量の魚を買えば、だいたい1000円になると計算できる。(はず・・)

  • 帰りしは、食べて帰ろう!
     せっかく市場まで来たならば、ぜひ鮮魚を使った料理を食べて帰ってみてほしい。
     オススメは、
      場内なら
       ・12/18にオープンしたての「柳橋きたろう」
       ・ランチもお手頃価格で提供する注目の店「天ぷらとワイン小島」。市場内では少し異色のオシャレな佇まい
       ・市場内の雰囲気を味わいながら食べれる、麺や丼ものの「さらしな」
       ・市場創業時から続く、市場関係者の常連さんも多い小さな食堂「天末食堂」。カウンターにずらりとおかずが並ぶ
       ・これまた小さな屋台のような「まぐろや柳橋」
       ・2015オープン「ラーメン大河」。メニューは醤油ラーメンだけなのに昼はいつも満席
      場外なら
       ・「柳橋きたろう」 場外にある店舗は、なかなか洗練された雰囲気でオススメ。江戸前寿司を堪能するなら
       ・「炭焼割烹わらじん」かなりオシャレで雰囲気いい。季節の魚介料理やおばんざいが魅力
     だが、他にもたくさん食事処がある。

     ただし、「ランチ難民」の言葉がだいぶ有名になった今日このごろの名古屋駅周辺。
     平日の12~13時のランチタイムはどこも席をとるのが大変になるので注意!

もっと柳橋中央市場のことを知りたいなら、マルナカ食品センターの名物社長さんが案内してくれる市場ツアーに参加してみるのがオススメ!!
買い方や各店のオススメ商品のほか、店員さんたちの人柄や小ネタ、試食など満載で、面白い。
催行人数に達すれば毎月開催されているほか、各中日文化センターでも企画されている。
(名古屋中日文化センターのは毎年申込みが殺到するので岐阜や一宮の中日文化センターから申し込むのがオススメ)

→Related Post: Enjoy your morning at Yanagibashi Central Market, Nagoya! (English)

名古屋情報の参考になりましたらワンクリック
応援していただけると励みになります☆↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

follow us in feedly

関連記事

コメント1件

 sikis izle | 2016.05.08 13:35

Hallo, Ihr Blog ist sehr erfolgreich! Ich sage bravo! Es ist eine großartige Arbeit geleistet! 🙂

Comment





Comment